会社概要 시작

SEOUL SEMICONDUCTOR

CEOメッセージ

ソウル半導体は初心を忘れず、クリーンな社会、健康な社会、美しい社会を作ってまいります。

Seoul Semiconductor CEO:Chung Hoon Lee
  • Life is a drawing which cannot be erased and redrawn
  • ソウル半導体に関心を持っていただきましてありがとうございます。
  • 企業は世の中のために役立ち、顧客の価値を創出し、社員がプライドを持つことができ、株主に安定を確保しなければならない存在だと考えています。さらに若い世代の人々に希望のモデルとなる人生の作品を作りたいと思っています。
  • ソウル半導体は1992年、ソウル市奉天洞の商店街の建物の片隅を賃貸して、30人余りでスタートし、いくつかの苦労とサクセスストーリーを作りながら 成長してきました。
  • 未来の光源となるLEDのメーカーを作って、宇宙ステーションにも自分たちのLEDが使われるような会社になってほしいという夢を持って、1994年に現在のロゴとCI(Corporate Identity)を制定しました。どのような厳しい環境の中でも真正面から問題に取り組み、研究開発に多額の投資をしてきた結果、世界初の交流駆動可能なAcrich、従来のLEDに比べ同じ面積で10倍明るいnPola、世界初のパッケージングが必要ないWicopなどを開発、量産し、たえず挑戦を続けています。
  • これらの技術に加え、初心を忘れずに、クリーンな世界!健康的な世界!美しい世界!を作っていきたいと思います。そして、私たちのこのような製品やサービスで、お客様をはじめ、関係各位の期待とニーズに応えられるよう最善を尽くし、国内外の基準を遵守していきます
  • 서울반도체(주) 대표이사 이정훈
Top